シーゲルダイアリー(東大阪市)


東大阪のカプライからの社長の声(リフォーム情報満載)
by k-pply
カテゴリ
プロフィール
業務日誌
仕事観
人生観
社会貢献
現場の声
流行の設備
日々のひとり言
リンク集
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2010年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

不安

人は「わからない事」「知らない相手の言う事」「高額の買い物」などに不安を感じる。

私もその一人です。

リフォームをしようとする人も、このような不安を沢山持っておられます。

得に耐震リフォームはメディアが過剰なぐらい消費者の不安をあおっているのでなおさらです。





昨日、耐震補強工事の依頼を受けたI様も、不安を感じておられます。

不安の要因は概ね冒頭に述べた事からだと思います。

私はI様から耐震診断の依頼を受け、耐震補強設計をし、今の家の状態をありのままに伝え、現在の耐震基準にするための設計をしました。

内容を理解した上で耐震補強工事をするのですが、I様の不安がひしひしと伝わってきます。

「だまされるのではないか?」

これが一番の不安要因だと思います。

工事が着工し、カプライの職人さんたちの人間性を直接確認でき、完了するころにはこのような不安はまったくなくなります。

しかし、それまでが不安で仕方がないと思います。

もしI様が誰かの紹介で私を選ばれたのなら、不安も少ないでしょう。

ちなみにI様はインターネットでカプライのホームページを見られてお付き合いが始まりました。

このようなお客様は少なくないのですが、やはり大半の方は工事が完了するまで「不安」があり、心にバリアがあります。

私達は心の「バリアフリー」をつくる努力をするのですが、なかなか難しいです。





まじめに一所懸命仕事をしている私達は、心ない悪徳業者のおかげで大変な思いをしています。

お客様にとっては、買いたいものが簡単に買えない、だまされるのではないか?と、不安にさせているのも現実です。




悪徳業者は減ってはいますが、ゼロになった訳ではありません。

お客様が持つ「不安」は大切な感覚でもあります。

悪徳業者にだまされないためにも「不安」を沢山感じて、しっかりと信頼のおける業者選びをいたしましょう。
[PR]
by k-pply | 2010-05-30 09:33 | 業務日誌

雨漏り補修

先日お引渡しをしたY様邸の外壁から雨漏りがするので、修理に行ってきました。

インナーガレージの側面がお隣さんと干渉するので、外壁を新設したその壁から雨水が漏れ出しているのです。

インナーガレージは将来的に親御さんの部屋になるので、雨漏りは徹底的に直しておかないと後で大変なことになります。

職人さんと私とで原因の検証を行ったのですが、もともとの外壁(サイディング)の主要な部分にコーキングがされていなくて、本来漏れることのないところから雨漏りがしているようです。

今までは雨が降るとインナーガレージは水浸しだったのでわからなかったのですが、新規で壁を造ったことによって起こった問題です。

改めてリフォームの難しさを再認識いたしました。

リフォーム工事を完璧にしても、新築時の工事がいい加減であれば、予測がつかない問題が生じます。

しかし、この問題を解決することで、知識が高まりプロとしての自信を高めます。

まさにオンザジョブトレーニング(現場教育)です。

立派な研修を受けるより、内容が良くて分厚い文献を読むより、実践から学ぶスキル以上のものはありません。







と言うことで、原因を追求して納得がいけば、後はどのように補修するかです。

ここからは私の出る膜はありません。
d0077627_914651.jpg

d0077627_9141531.jpg

日本一、謙虚な板金屋さん「こまっちゃん」が危険もかえりみず、足場無しに脚立一本で芸を見せます!

いかがでしょうか? 

悪いところを徹底的に直す!

それが自分の責任範囲でなくても、、、、、、、

仕事にストイックなプロの価値観ですね、、、、、
[PR]
by k-pply | 2010-05-28 09:18 | 現場の声

丸坊主

腕が良くて、仕事も速くて、人間性も抜群で、いつも100%のガッツで現場に挑む大工の「おかもっちゃん」は、肩まで伸びているソバージュをばっさり切って丸坊主にしました。
d0077627_8373068.jpg

d0077627_8374114.jpg


理由は今入っている現場のちょっとした失敗が原因らしく、私に申し訳ない気持ちからだとある人から聞きました。

失敗と言ってもお客様には何の影響も無く、私からすれば大したことのない話しですし、人間ならミスもあるだろう程度のことです。

それを「丸坊主」にするとは、、、、、、、

肩まで伸びているソバージュは、大切にしてきた証です。

しかしこの行動に「おかもっちゃん」の人間性や仕事観が現れています。





謙虚こそ最大の武器!

おかもっちゃんはこれからも沢山のファンをつくって行くでしょう。
[PR]
by k-pply | 2010-05-27 08:55 | 現場の声

カビ問題

今月に入ってカビに対するご相談が増えています。

得にマンションで北側に面している壁は、結露によるカビの発生でクロスがめくれ上がり、困っている方が多いです。

そもそもカビは真菌類と呼ばれていて、地球上で確認されているもので約64.200種類、そのうち日本の住居内で発生するカビは20~30種類、常連のカビは5~6種類と言われています。

カビは栄養・温度・水分・酸素があれば育ち、食品だけではなく木材・畳・布など、住宅の内外ほとんどのものを栄養源にして育つことが出来ます。




では、カビが生えない環境にするにはどうせれば良いのでしょうか?




カビは温度が20度以上、湿度が65%以上で発生しやすくなります。

人が快適に感じる湿度は60~65%なので、少し乾燥気味くらいの湿度が防カビには最適と言えます。

しかし、湿度の調整が出来るエアコンに取換え、電源を入れっぱなしにすることは非経済的です。

私のお勧めはエコポイントがもらえる二重サッシを取付、壁を湿度調整する材料に変える事です。

壁材はINAXのエコカラットがお勧めですが、結構費用が掛かります。

あまり費用を掛けたくないという人には、珪藻土がお勧めです。

但し、どのメーカーでもいいと言う訳では有りません。

同じ金額でも湿度調整が抜きに出ている珪藻土があるのです。

私が様々な珪藻土を施工してきて、行き着いた商品が有ります。





カビでお悩みの方は是非、カプライまでお問い合わせください。
[PR]
by k-pply | 2010-05-24 18:25 | 現場の声

100%は伝わらない、、、

最近、メールによるお問い合わせが増えています。

内容は見積り依頼が圧倒的に多いのですが、私としては困ることが多々あります。

見積りをするにしても、現地に行ったほうがいいのか、概算で大まかに見積りをするのがいいのか、わかりません。

お問い合わせをされる方は、はっきりと「現地を見ていただきたい!」とか「家には来ないでほしい!」と言うと、こちらも見積りが進めやすいです。

お問い合わせをする方は、相手はプロだから大抵のことはわかってくれているだろう、と思っているようですが、相談を受ける私達は実に様々な方々をご対応しているので、メールの短い文章ではほとんど何をどのようにしてほしいのかが伝わりません。

先日のことですが、お問い合わせの方に「では、一度お伺いして現地を確認させていただきます。」と返事をすると「まだおたくにリフォームを決めたわけではないので、概算でいいから見積りをしてほしかった」となり、その後連絡がなくなりました。

この逆もあり、概算で見積りを出すと「現地を見に来てくれないのですね、、、」となり、その後連絡がありません。

また、どうしてよいのかわからない場合はこちらから質問するのですが、半分は返事がありません、、、、、

   




メールって便利ですが、人の気持ちを100%伝えることは出来ないですね、、、、、

やっぱり人のコミュニケーションは直接会って顔を見て、微妙な言葉の言い回しや、表情の変化などで良し悪しを決めるべきでしょうね、、、、、

人とのかかわりが苦手、邪魔臭いなどの理由からネットやメールが普及していますが、最後には必ず人と関わらなければ成り立たない現実があるのです、、、、、
[PR]
by k-pply | 2010-05-23 08:27 | 業務日誌

現場見学会

6月6日に現場見学会を行います。

現場は戸建て住宅で、解体工事が終わった状態で、古くなった家の柱や梁がどのようになっているか確認できます。

6月20日は施工中の現場見学会、7月10日11日は完成現場見学会となっています。

梅雨時期なので、完成現場見学会は日程が変わる恐れがあります。

場所は東大阪市 長堂3丁目18-17です。

見学会の見所は、TVでおなじみの「ビフォーアフター」によく出てくる、柱だけ残してあとは全て新しくする、スケルトンリフォームです。

当然、柱や梁の取換えもあります。

耐震設計をしているので、補強工事の費用に東大阪市から補助が出ます。

見学会では耐震補強のサンプルなども展示します。

エコポイントの相談も同時に行いますので、興味のある方はお越しください。

詳しくはホームページにアップするので、ご確認くださいね、、、、、






今日は現場見学会の広告打合せで、ふらふらです。

折り込みチラシのデザイン、フリーペーパーのデザイン、現場との調整など、、、、、

意外と準備が大変ですが、沢山のお客様に喜んでいただけるイベントにしたいと思っているので、手は抜けません。






準備が大変な分、当日が楽しみです、、、、、
[PR]
by k-pply | 2010-05-21 14:53 | 業務日誌

予算減額

高効率給湯器・発電機の今年度補助金額が昨年と比較すると、大半の機器で補助金額は削減され、補助対象の台数も減少している。

尚、エコキュート、エコジョーズ、エコウィル、エコフィールは募集期間が上期のみなので、購入を検討中の方は、急がれることをお勧めいたします。

今後、この補助制度は減少して行き、住宅版エコポイントや別の省エネ部分に予算が回るでしょう。

ちなみにカプライでは、この制度があるから高効率給湯器にするといった方は少なく、どちらかと言うと購入を決めたお客様にこの制度をご説明し、おまけ的に補助金をお客様が頂くケースが多いので、影響は余りありません。

補助金のご相談では圧倒的に住宅版エコポイントが多いですね、、、、、

恐らく、エコポイントのほうが消費者はわかりやすいのですね、、、、、






補助金は税金でまかなっています。

同じ補助金を支給するなら、消費者の購買意欲が高まるエコポイントのような補助金に税金を使ってほしいものですね、、、、、
[PR]
by k-pply | 2010-05-18 10:20 | 業務日誌

補強に問題が、、、

先日お引渡しをいたしましたS様邸へ、不具合が出たので行ってまいりました。

ウォークインクローゼットの可動棚が重みで傾いています。
d0077627_15281772.jpg

d0077627_15282918.jpg

金物に問題があるのではなく、補強下地である合板がコンクリート躯体からはがれています。

見た目はびっくりするような問題に見えますが、ちょっとした手直しで元にもどります。




ついでにお引渡し後のお部屋を拝見させていただきました。

S様ご夫婦はすごくセンスの良い方で、インテリアにもこだわりを持っておられます。
d0077627_1533717.jpg

スタンドタイプのテレビはインテリアとしてもグッドですね、、、、、

今回のリノベーションで大満足を頂いているのですが、1つだけ不満が残っておられます。

それはリビングと洋室を一つにしたことで、ベランダに出る窓際にエアコンが2台あり、1台は撤去しておけばよかったとのことです。

もともとリビングにあったエアコン1台で、床面積が広がっても容量は十分なものだったのです。

S様から頂いたご不満は、必ず次に生かしたいと思います。




100%満足が非常に難しいこの業界、、、、、

だからこそ「満足への挑戦」が日々のものにしなくてはいけません。





カプライとして最近はかなりお客様満足度が上ってきています。

平均92%です。

100%では有りません。

必ず100%にして見せます!

ちなみに業界の平均は64%です。

ちょっと自慢になったみたいで恐縮です、、、、、





100%満足はお客様をよく知ることから始まります。

だからお客様も遠慮なく言いたいことを言ってほしいと思っています。

私達はお客様からしか勉強できないのです、、、、、
[PR]
by k-pply | 2010-05-16 15:49 | 業務日誌

やっぱりです!

住宅版エコポイントが期間延長されるようです。

また、新築については金額も上るような動きがあります。

前原国土交通大臣が定例記者会見で、住宅の省エネ化の推進に向けた取り組みの強化策のひとつとして、住宅エコポイントの拡充も併せて打ち出しました。

実務でこのエコポイントを扱う私としては、非常に良い制度と感じていて、恐らく期間が延期されるだろうと思っていました。




しかし、この財源はどこから来るのでしょうか?????




省エネ基準も2020年には新築住宅は義務化されるようです。




民主党は本気でCO2削減に力を入れているようです。

是非、最後まで頑張ってほしいものですね、、、、、
[PR]
by k-pply | 2010-05-15 16:40 | 業務日誌

洗濯機の排水

昨年リノベーションをさせていただいたI様から久しぶりに連絡があり、ご訪問いたしました。

I様とは打合せから完成引渡しまで、何度もお会いして懇親を深めたので、久しぶりの再開は非常にうれしかったです。

さて、連絡を頂いた件は最近買い換えた洗濯機が、排水するときに水圧が掛かり、洗濯パンの排水口から水が吹き上がるとのことです。
d0077627_18334253.jpg


初めての相談内容にびっくりしました。

最近の洗濯機は排水に水圧かかるのですね、、、、、





時代は変化し、生活環境や家電も変化していますが、今回のような問題は今後沢山出てくるような気がいたしました。

I様邸はほぼ、全てのものを新しくしたリノベーションだったのですが、便器と洗濯パンだけもったいないから再利用していたのです。

今後は古くなった洗濯パンも交換するように提案しなくてはならないですね、、、、、




まだまだ使える商品でも、干渉する周りの商品が変化し、壊れていないにも関わらず取換えしなくてはならないもったいなさ、、、、、

便利になる分、無駄も増えるのですね今後も、、、、、

エコ家電と言っても、どこまでがエコかわからない、しっくりしない話しです、、、、、
[PR]
by k-pply | 2010-05-12 18:43 | 業務日誌


その他のジャンル
最新の記事
長い間、、、
at 2013-02-15 14:12
雑学
at 2013-02-10 16:49
断面2次モーメント
at 2013-02-02 18:07
DIYサポート
at 2013-01-27 10:48
地震は恐ろしいです。
at 2013-01-26 19:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧