シーゲルダイアリー(東大阪市)


東大阪のカプライからの社長の声(リフォーム情報満載)
by k-pply
カテゴリ
リンク集
以前の記事
フォロー中のブログ

<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

着工初日!

本日からいよいよA様邸のリフォームが着工いたしました。

戸建て全面リフォームの為、現場での指示も盛り沢山で、朝からぶっ通しで職人さんたちと詳細な打合せをいたしました。





お客様のご要望を的確に現場へ反映するためには、大切な時間です。



早々打合せが済んだ職人さんたちは、各々の作業に取り掛かります。
d0077627_12261019.jpg

d0077627_12261973.jpg

d0077627_12262955.jpg

d0077627_12263781.jpg


皆さん目をキラリと輝かせながら、腕をするっていました。




現場監督としての大きなプレッシャーである初日が無事終了し、少し胸をなでおろしたところです。





大規模にもかかわらず工期は1ヶ月と、少々厳しいですが大工さんは朝早くから夜遅くまで仕事をしてくれるとのことです。




最後までしっかりと、お客様のご要望を確認しながら丁寧に進めて参ります。
[PR]
by k-pply | 2011-01-31 12:32 | 業務日誌

標準とは、、、

東大阪市で現在リフォーム中のY様ご主人から、一昨日遅い時間に携帯へ連絡があり、第一声が「どないなっとんねん!」とかなりご立腹の様子、、、、、

かなり興奮気味なので、何を言っているのかわからないので「一先ず、悪いところは必ず直しますので、明日現場でお話しを聞かせてください。」とお伝えして電話を切った。


その日はシステムキッチンの施工日、、、、、

しかし、お客様を怒らせるような内容に心当たりがありません。

いったい何があったのだろうか、、、、、

気になってその夜はあまり眠れませんでしたが、次の日、約束の時間に現場へ行きました。





話しを聞くと、レンジフードの高さが上すぎてスイッチが使いにくいとのこと、、、、、





人それぞれ感覚が違うので、本当にリフォームは難しいと感じた一瞬でした。





Y様のお話しをお聞きしながら、レンジフードをどれぐらい下げるか、慎重に話しを進める中、10cm下げるか15cm下げるかでY様は非常に悩まれました。




ちなみに取り付けたレンジフードの位置はメーカー標準位置です。

取換え前のレンジフードの位置と同じです。

以前と同じ位置なのに、商品が入れ替わると感覚までも変わる、人の感じ方の微妙さに恐怖さえ感じました。




結果、15cm下げることになりました。

ちなみに15cm下げることのリスクもお伝えしました。

低すぎて頭が当たる場合があること、消防法で決められているコンロとの距離のことなど、、、、、





職人さん立合いで話し合いをしていたので、早々に手直しを着手していただきました。

私はその場を離れたのですが、職人さんが手直し後、再びお客様が「やっぱり10cm下げにしてほしい」
とのことで、もう一度手直しを、、、、、

さらに、娘さんが来て低すぎるとのことになり、結局もとの位置である標準位置で落ち着きました。




怒られて眠れなかった夜、何回もやり変えをした職人さんの労力はいったいなんだったのか???




お客様も申し訳なさそうにされていましたが、本当にリフォームは難しいですね、、、、




悩んだときは「標準」がベストな選択だと感じた一件でした、、、、、
[PR]
by k-pply | 2011-01-29 09:08 | 現場の声

新しいことに挑戦する!

今までやったことの無いこと。

新しいことに挑戦することは、ものすごいエネルギーが要る。

誰かにやらされている感があれば、決してなしえない新しいこと、、、、、




しかし、子供は毎日が「新しいこと」の繰り返しなのに、果敢にチャレンジする。





いつごろだろう、新しいことにちゅうちょするようになったのは、、、、、





私は現在、新しいことをいくつも行っている。




脳みそが抵抗をするのですが、娘のように「新しいこと」に果敢にチャレンジしている姿に感化されながら、、、、、





新しいこと、、、、、   気力があれば誰でも、いくつになっても挑戦できる、、、、、
[PR]
by k-pply | 2011-01-27 13:43 | 日々のひとり言

腕のいい職人さん

先週着工した堺市のY様邸は、本日から板金及び樋工事がスタートしました。

細かな部分の打合せを職人さんとするために、屋根に上って再確認いたします。

非常に大事な打合せです。

お客様の意図することを確実に職人さんに伝えるコミュニケーションです。






寒風吹きすさむ中、職人さんは寒さを微動だにせず作業を手際よく進めて行きます。
d0077627_1161245.jpg


腕のいい職人さんは、スピードがあります。




d0077627_1162143.jpg

今時珍しい樋のカバーですが、コストがかかっていて非常にかっこいいのもです。

20年以上も前のパナホームオリジナルのデザインだそうです。

樋工事をする為に、部分的に撤去をしなくてはいけないという、少々デメリットもありますが見た目重視で行けばグッドです。





外部が終わればいよいよ内部リフォームです。


年末にTOTOショールームで決めたユニットバスに入れるのも時間の問題です。

Y様、今しばらくお待ちください!

丁寧にひとつひとつ仕上ていきますので、、、、、
[PR]
by k-pply | 2011-01-24 11:20 | 現場の声

就職氷河期

今春卒業予定者の就職率が非常に悪いと新聞で見ましたが、生半可のものではないと実感いたします。

先ほど某大学のキャリアセンター係長がわざわざカプライまで来られて、求人状況の確認をしに来たとのことです。

それだけのことであれば電話でも済むのに、わざわざ来られるということは、卒業生でいまだに就職先が決まっていない生徒の為を想ってのことでしょう。




大変な時代になっていると、つくづく実感させられます。




生徒もそう、ご家族もそう、大学の先生達もそう、みんな必死です。




胡坐をかいているのは国のリーダーである政治家だけ、、、、、




東大阪の政治家に「ほっとかれへん!」と言うキャッチコピーの方がいますが、選挙活動はほっといて、就職難の状況をかまってほしいものですね、、、、、
[PR]
by k-pply | 2011-01-21 16:29 | 日々のひとり言

レアな問題

昨年暮れにパーキングの床塗装を行ったのですが、車を乗り入れると塗装が剥がれるといった問題が発生。

施工を行った業者では手に負えず、別の塗装業者に相談をし、塗料メーカーの技術者も立会いで現場検証を行いました。

d0077627_15462576.jpg

d0077627_15463841.jpg


問題の塗装は洗い屋さんにてハクリをかけていただいたのですが、水をかけると床がぬるぬるとし、この上からではとてもじゃないですが、塗装が出来ません。

塗ってもすぐに剥がれる状態です。

塗料メーカーの技術者でも原因がわからないとのことです。

とりあえず、ぬるぬるのものを持って帰っていただき、物質を調べていただくことになりました。

d0077627_15503440.jpg

d0077627_15504370.jpg


施工を行った業者は「出来ない!」「やれない!」「わからない!」で済むかも知れないですが、元請業者はそんな言い訳は通用いたしません。

どんなに費用がかかろうとも、完全な状態でお引渡しをする責任があります。




20数年以上この業界の経験をしていても、このような問題が起こります。




実に奥の深い塗装仕事、、、、、




まだまだわからないことだらけです。




あらゆる知恵を振り絞って、完全な状態で引き渡せるよう、全力で取り組みます、、、、、
[PR]
by k-pply | 2011-01-19 15:57 | 業務日誌

職人さんの気持ち

今日は朝から同級生の実家である住まいの修繕工事に行ってきました。

修繕仕事は各修繕部位ごとに職人さんを手配すると、ものすごく割高になり、業界の仕組みを知らないユーザーからすると「なんでこんなんに、そんな金額になるの?」 「ぼったくりちゃうん?」となりやすく、私も非常にデリケートに見積りをいたします。

ちなみに今回の修繕は「サッシ工事」「金物工事」「建具工事」の3工種ですが、まともに専門職に依頼すると、私どもの原価でも10万円では納まりません。

そこでリフォーム専門会社の強みとなるのが「多能工」です。

原価は少なくとも7割減になります。

1つ1つの工種は浅くしかスキルが無いのですが、幅広く施工が出来ることと、なんと言っても専門職の職人さんと違って頭が柔らかい!

臨機応変が効く、スペシャリストと言った感じです。

但し、多能工の職人さんでも苦手な施工もあり、工種の組み合わせにより人選を検討しなければえらい事になるときもあるので、要注意です。





本日の修繕の内容は、ぴったりくる職人さんが多忙の為、当分手が空かないとのことなので、私自ら行ってまいりました。





久しぶりに職人にもどり、気づいたことがいっぱいです。





職人さんの気持ちは、職人でないとわからないことが沢山ある。

もともと職人だった私も、現場を離れて10年近くになります。

10年近くも現場を離れると、職人さんの気持ちをわかっているようで、まったくわかっていないものですね、、、、、


勿論、現場管理者としては現在もバリバリと現場に張り付いて作業を行っているのですが、職人としての施工のプレッシャーとは別物です。





今日は特に寒かったので、手がかじかんで言うことを効かないし、作業効率もぐっと落ちるし、思うとおりに行かないとイライラもしてくるし、、、、、、





今日は日ごろお世話になっている職人さん達が、改めてありがたい存在だと気づかされた一日でした。
[PR]
by k-pply | 2011-01-16 14:59 | 現場の声

イベント情報

2月18日~20日の3日間で大阪ガス主催のリフォームフェアが行われます。

このイベントの最大のメリットと言えば、一同に各メーカーのユニットバスやキッチンなどが見れることです。

どこのメーカーのどの商品が良いのか決めかねている方には必見です。

d0077627_8392132.jpg

d0077627_8393167.jpg


場所は千里なので東大阪市の方は交通の便が悪いですが、送迎をカプライで行っているのでご興味のある方はカプライへお申し込みください。

現在リフォームのご相談をお受けしていますお客様へのご案内は、改めて資料をご持参いたしますので、ご確認の上お申し込み頂ければ幸いです。

例年、満員御礼のイベントの為、お申し込みはお早めにされることをお勧めいたします。

沢山の方からのお申し込みをお待ちしています。
[PR]
by k-pply | 2011-01-14 08:46 | 業務日誌

えべっさん!

行ってきました今宮戎へ!

今年は人がものすごく多かったです。
d0077627_1943152.jpg

d0077627_1944098.jpg

今年こそは商売がうまくいくようにと、神頼みの人が多いのでしょう。




政治にもここまで興味を持つ人が多ければ、少しは変わるのではないかと感じました。






マクロ経済が期待できない現在、せめて自分のところだけはと、皆強く願っているようです、、、、、





去年は良い年だったので、えべっさんに感謝の意をお伝えし、今年もカプライを繁盛していただくようお願いしてきました。





後はひた向きな努力で今年も精一杯がんばっていきます。




お客様、協力業者の皆様、今年もよろしくお願い致します。
[PR]
by k-pply | 2011-01-10 19:10 | 日々のひとり言

破壊検査

本日は雨漏りの原因を追求する為に、朝から破壊検査を行ってきました。

d0077627_1353250.jpg


去年の暮れに防水対策は行ったのですが、雨漏りを止める事ができず、やむなく破壊検査を実行することとなったのです。

d0077627_13544257.jpg

d0077627_13545295.jpg


漏れていることははっきりしているのですが、柱が邪魔して水道がわかりません。

外壁を破壊すれば雨漏り箇所が明白になるのですが、復旧の費用を考えるとあまりにも高くつくので、お客様と相談をし、破壊部分は慎重に進めました。




分譲住宅によくあるこの手の問題は、全てが造り手に問題があります。

利益が上位概念の儲け主義元請に、如何に手を抜くかを常に考えている下請け各社、、、、、

このような組織では良い家が建つ事はありません。

それでも宣伝の仕方がうまいので、買ってしまう人が後をたちません。




欠陥住宅購入者(当時24歳)の私は実感します! 一生の買い物を素人の判断だけで買うのはあまりにもリスクが高すぎると、、、、、




相談者がいなければ、遠慮なく私にお声掛けください。

どこの分譲住宅か教えてくれれば、東大阪市であれば大抵は判断できます。




買うのは一瞬、住むのは一生です。
[PR]
by k-pply | 2011-01-09 15:29 | 現場の声


その他のジャンル
最新の記事
長い間、、、
at 2013-02-15 14:12
雑学
at 2013-02-10 16:49
断面2次モーメント
at 2013-02-02 18:07
DIYサポート
at 2013-01-27 10:48
地震は恐ろしいです。
at 2013-01-26 19:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧